ページの先頭へ
統合失調症患者さん・ご家族のためのエビリファイLAI情報提供サイト

エビリファイ LAI ナビ

NENU
このサイトはエビリファイ持続性水懸筋注用(エビリファイLAI)をご使用中の統合失調症患者さんとそのご家族の皆さまに、エビリファイLAIを正しく理解し、正しくお使いいただくための情報提供サイトです。

統合失調症の治療

統合失調症の代表的な治療として、薬による治療と精神科リハビリテーションがあります。
急性期には薬による治療が基本になりますが、なるべく早い時期から薬と精神科リハビリテーションを組み合わせた治療を⾏うことが効果的です。

薬物療法について

統合失調症の治療には、抗精神病薬を中⼼に次のような薬が使われています。
薬による治療に合わせて、⼗分に休養をとることも⼤切です。家族をはじめ、周囲の⼈たちが協⼒して治療に専念できる環境を作りましょう。

抗精神病薬の
副作用を抑える薬
目的
抗パーキンソン病薬 手がふるえる、身体がこわばる、足がむずむずするなどの錐体外路症状を抑えるために使います。

症状を調整する薬 目的
抗不安薬 強い不安感や緊張感を和らげるために使います。
抗うつ薬 憂うつな気分を和らげ、意欲を高めるために使います。
睡眠薬 よく眠れない、寝付きが悪い、早朝に目が覚めてしまう、昼夜逆転など、睡眠のリズムを調整するために症状に合った作用時間の薬を使います。

治療の中心になる薬 目的
抗精神病薬 幻覚・妄想、興奮、考えをまとめられない、気持ちをうまく表現できず意欲がわいてこない、などの症状を改善し、再発を防ぐために使います。
便秘薬 便通を良くするために使います。


統合失調症の再発予防 統合失調症が回復するまでの過程