ページの先頭へ
統合失調症患者さん・ご家族のためのエビリファイLAI情報提供サイト

エビリファイ LAI ナビ

NENU
このサイトはエビリファイ持続性水懸筋注用(エビリファイLAI)をご使用中の統合失調症患者さんとそのご家族の皆さまに、エビリファイLAIを正しく理解し、正しくお使いいただくための情報提供サイトです。

エビリファイLAIの特徴

4週間に1回投与する注射です

飲み薬は、毎日主治医に指定された量を決められた時間に飲む必要があります。エビリファイLAI は、注射した部位(筋肉内)に薬がとどまって徐々に血液に取り込まれるので、一度注射すると効果が長時間続きます。4週間ごとに医療機関を受診して注射をすると、毎日薬をきちんと飲み続けるのと同じ治療効果が期待できます。

エビリファイLAI は薬の血中濃度が安定します

エビリファイは飲み薬、LAI と剤形が違っても同じ薬ですから効果は変わりません。ただ、エビリファイLAI は注射すると薬の成分(アリピプラゾール) がゆっくりと体内に吸収されて、血液の中に含まれる薬の濃度が一定になるという特徴があります。そのため、症状が安定する効果が期待できます。

エビリファイLAI は再発を防ぐ効果が期待できます

統合失調症は再発を繰り返しやすい精神疾患で、再発を繰り返すと下記のようなリスクがあります。統合失調症治療でもっとも大切なことは再発を防ぐことです。 エビリファイLAI で治療を続けると、いつも身体の中にきちんと薬が入っていることになりますから、症状が安定して、再発を防ぐ効果が期待できます。

再発を繰り返すと…

  • 精神機能や社会的な機能が低下して、今までできていたことができなくなる
  • 薬が効きにくくなって回復に時間がかかるようになる
  • 多くの方が再入院になる

エビリファイLAI で飲み忘れの心配が軽減されます

再発を防ぐためには、毎日欠かさず薬を飲むことが必要ですが、つい飲み忘れたり、勝手に飲む量を調節したりという経験はありませんか? 1〜10日間であっても服薬を中断してしまうと、飲み忘れのない人に比べて再入院率が約2倍になるというデータがあります。 エビリファイLAI は4 週間ごとに医療機関で注射しますから、毎日の飲み忘れの心配がありません。また、予定日に受診しなかった場合、医療スタッフが気づいて受診を促すことができるので、治療の継続につながりやすいのです。



エビリファイLAI はリカバリーをサポートします

統合失調症治療の目標は、症状を安定させること、そして「自分らしい生活を取り戻して、生きがいや将来の希望(夢)に向けた一歩を踏み出すこと」にあり、これを「リカバリー」と呼びます。 病気のために中断した勉強や仕事を再開したり、新しいことにチャレンジしたり、リカバリーのあり方は人それぞれです。 リカバリーを目指す上で欠かすことができないのは、正しく治療を続けて再発を防ぐことです。エビリファイLAI は服薬のわずらわしさがなく、再発を防ぐ効果が高いので、薬のことを気にせずリカバリーに取り組むことができる剤形です。 まずはデイケアに通う日数を増やしたり、体力づくりをしたり、無理せずにできることからトライして自信を取り戻しましょう。

エビリファイLAIの使い方 エビリファイLAIの長所と短所