ページの先頭へ
統合失調症患者さん・ご家族のためのエビリファイLAI情報提供サイト

エビリファイ LAI ナビ

NENU
このサイトはエビリファイ持続性水懸筋注用(エビリファイLAI)をご使用中の統合失調症患者さんとそのご家族の皆さまに、エビリファイLAIを正しく理解し、正しくお使いいただくための情報提供サイトです。

エビリファイLAI Q&A

Q.エビリファイLAI は安全ですか?
A.エビリファイLAI は精神症状の悪化や再発予防を目的とした薬なので、症状の激しい急性期や症状が不安定な方は使用できません。エビリファイLAI を使う場合には、事前にエビリファイの飲み薬を飲んで薬との相性(効果、安全性)を調べます。LAI は効果が長続きする一方で、副作用が出ても薬をすぐに体外に出す方法がないというデメリットもありますので、主治医と十分に話し合うようにしましょう。
Q.エビリファイLAIは誰でも使えますか?
A.エビリファイLAIの使⽤にあたって、次の⽅は主治医にご相談ください。
  • 他に治療中の病気がある(過去に治療した病気がある)
  • 他に服⽤している薬がある
  • 治療はしていいないが、健康上気になることがある
  • ⾃殺しようとしたことがある、死にたいと思う気持ちがある
  • 妊娠中(妊娠の可能性がある)、授乳中である
  • 以前に薬を服⽤してアレルギー症状が出たことがある
  • ⾼齢(65歳以上)である
Q.エビリファイLAIで症状が安定しています。注射を継続する必要はありますか?
A.LAI で治療を開始してせっかく症状が安定しても、⾃分の判断で治療を中断してしまうと、病状の悪化や再発につながる恐れがあります。4週間に⼀度、定期的に通院して治療を続けましょう。副作⽤や気になる症状がある場合には、主治医にそのことを伝えましょう。
Q.エビリファイLAI にしたら飲み薬はいらなくなりますか?
A. 症状や⼈によって異なります。エビリファイLAI による治療をはじめて⾎中濃度が安定するまでの間は抗精神病薬の飲み薬も⼀緒に使いますが、症状が安定したり、副作⽤が減ったりすると、それまで⼀緒に飲んでいた薬の量や種類が少なくなったり、 ⼈によっては飲み薬がいらなくなったりすることがあります。ただし、その程度には個⼈差があります。
エビリファイの働き エビリファイの副作用